値引き交渉に有利な時期があります。できればそういう時に行いましょう。
それは「年度末決算前(1〜3月)、「ボーナス時期」(6〜7月、12月)、
「中間決算前」(8〜9月)になります。こう見ると、1年の半分以上は
車を買うのに良い時期ということになります。安心して行きましょう(笑)。


同じ月の中でも20日前後には値引きが良くなる傾向があります。
これは、ディーラーさんの月次の目標との関連で、車の登録が月内にできる
ギリギリの時期になるためです。つまり、有利な条件が出る「可能性が高い」
時期ということです。

ただ、すでに余裕で目標達成済みのディーラーだとチャンスが小さくなるので、
「どうしても売りたい」というディーラーに出会うには、多くの店舗を
訪問すると、その可能性が高くなります。


同じように大事なのは、1回や2回の訪問で済ませようとしないことです。
最初の交渉では「値引きも頑張ってくださいね」という感じで反応を見ます。
それと「ハスラーと〇〇(競合車)で迷っている」という前提で商談を
始めましょう。(迷っていなくても、こうすることで緊張感を与えます。)
これはギリギリまで続けてかまいません。


初めての交渉では、予算を具体的に言わないようにします。とにかく
初回の交渉は短時間で済ませ、ディーラーのペースにしないのがコツです。

もし下取り車があれば「参考までに」などと言って査定してもらいましょう。
それ次第で予算を考えるという構えを見せるのです。できれば、事前に
買い取り相場を調べておけば、ディーラーの言う値段がどの程度か、
その場で判断できますね。